筋トレと酒の関係

酒は筋トレには良くないという記事はもう飽きるくらいに見てきました。

でもお酒も飲みたい。何とかお酒を飲むことを筋トレの観点からも肯定したい。

あなたもこの記事を見ているということは、そういうことなんじゃないですか?筋肉のためにお酒を諦めたくないから、ポジティブなことを書いている記事を探してきたんだと思います。

もちろん、酒は飲まないに越したことはありません。酒を飲むとタンパク質の合成が妨げられるとか、成長ホルモンの分泌を妨げるホルモンが出るとか言われている通り、筋肉に対してメリットはあまり無いです。

でも、筋肉さえつけば幸せというわけでもないでしょう。付き合いだってありますし、日々のストレスを発散する方法が酒という人も多いはず。私なんて、酒が飲めないことがストレスと言っても過言ではありません。マジでアル中寸前。

だから、私の行動も、あなたの欲望もできる限り肯定するために、この記事を書きます。

酒は飲んでいい!

というか、飲む為にも筋トレをしろ!

なぜ筋肉を付けるのに酒はダメなのか?

酒を飲むと起こる体の中の反応

酒が筋トレに悪影響な理由

酒、つまりエタノールを飲むと、口に含まれた瞬間から体は消化に取り掛かります。エタノールを分解して無害なもの、有益なものに変換しようとするわけです。エタノールは肝臓に届くと、酵素によって分解されてアセトアルデヒドという物質に変わります。これは体に非常に悪い。

アセトアルデヒドはほんの少量なら別に何の問題もありません。ただ、この物質は反応性が非常に高いのが厄介です。他の分子とくっつきたがるんです。で、くっついた先の分子の働きを台無しにしてしまいます。アセトアルデヒドはたとえばDNAとくっつくと少なくとも一つは発がん性物質をつくります。しかもメチル化のプロセスを邪魔します。

メチル化というのは、体が、いつ、なんの遺伝子からどんなタンパク質を作るのかを決める大事なプロセスです。

筋肉が合成されるときの反応

タンパク質は食べた時には鶏肉だったり、大豆だったりしますが、当然それがそのまま人の筋肉になるわけありません。なるならスプリンターはみんなチーターの肉を食べようとするでしょう。食べたタンパク質はアミノ酸に分解されて吸収されます。そして筋トレをして傷ついた筋繊維を修復するために、その筋肉に合った形式のタンパク質を再合成するんです。その形式というのが、要するにあなたのDNAです。DNAをコピーして、あなた自身の遺伝情報を持ったタンパク質に作り替えられるわけ。これも全部メチル化のお陰です。

ところが酒を飲むと、アセトアルデヒドのせいでメチル化が妨げられます。

これがみんな言っているところの、タンパク質の合成が進まなくなるという理由です。

アセトアルデヒドのままで存在すると有害ですが、当然無害にするために肝臓がさらにこれを分解します。アセトアルデヒドは分解されると酢酸、つまりお酢になります。こうして無害になって、最終的には水と二酸化炭素まで分解されて排泄されます。

酒は脂肪にならない?

酒はカロリーが高いけれども、実際はそのエネルギーはほとんど熱に変わってしまうので、あまり体に残らないと言われています。だから酒自体のカロリーはあんまり気にしなくてもいいのかもしれません。

ただ、絶対に脂肪にならないのかというと、そんなことはありません。

大量に酒を飲むと、肝臓のミトコンドリアの働きが鈍ります。酢酸を分解するときには、このミトコンドリアが作る成分が必要になってくるんですが、ミトコンドリアの働きが鈍ると材料不足になって酢酸を分解できなくなります。そうなってくると、別の経路で分解しないといけなくなる。この経路が使われてしまうと、水と二酸化炭素ではなく、中性脂肪になります。

飲みすぎなきゃいいって話なんですが、やっぱり酒は脂肪として蓄積される可能性があります。体脂肪率も同時に落としたいと思っている場合は注意したいところです。

筋トレをすると、二日酔いしにくくなるっぽい

筋トレと二日酔い

筋トレをした日はいつもより飲める、次の日もスッキリ目覚めた、なんて経験ありませんか?

私自身これは良く感じます。

これについて、とても参考になる考察をしている記事を見つけました。
Tokyo仙人ジム:酒と筋トレ

まず二日酔いの原因は実はまだはっきりとはわかっていません。ですが有力な説の中には、アシドーシスになることが原因というものがあります。

酒を飲むと乳酸や遊離脂肪酸などが血液内に放出されます。また酒が代謝されると酢酸ができるのは先に説明した通りですが、これも肝臓の処理速度が追い付かないと一旦血中に放出されます。そのせいで血が酸性に傾きます。これをアシドーシスといいます。

アシドーシスになった時の症状は二日酔いの症状に非常によく似ているといいます。

筋トレをして傷ついた筋肉は常にエネルギーを求めています。そこにエネルギー源である酢酸や乳酸が増えてきたとあっては、即効でエネルギーとして使ってしまいます。そうなると、本来アシドーシスに傾くはずの原因物質が使われてしまうので、アシドーシスになるのを防止することができます。だから二日酔いにならない・・・という考察です。

本当に二日酔いの原因はアシドーシスなのか?

ただ、この意見については疑問もあります。というのも、アシドーシスが本当に二日酔いの原因なのか、実験をして確かめたという学術的な報告が無いんです。

要するにアシドーシスになるのは、酒の利尿作用で血中のブドウ糖を尿と一緒に捨ててしまったことが原因です。実際、低血糖と二日酔いには相関があるということもわかっています。でも、血糖値を上げて二日酔いが緩和されたということを再現性をもって実験した結果はまだないんです。

それによく考えてみてください。一般に二日酔いの原因は脱水症状になることだというのを聞いたことがあると思います。じゃあ二日酔いになった朝、水を飲んだら治りましたか?治っていないと思います。だから、脱水症状は二日酔いになった時に起こる症状ではありますが、脱水症状が二日酔いの原因かというと多分違うんです。同様に、低血糖が原因なら、スポーツドリンクを飲めば症状が緩和するはずです。でも、やっぱり無駄ですよね?だから同じ理由で、アシドーシスも直接の原因じゃないと思うんです。

他の二日酔いの原因

アシドーシスは二日酔いの原因について考察した一つの説に過ぎません。他にもいくつか説があるので紹介します。

アセトアルデヒド中毒

酒を代謝したときにできるアセトアルデヒドですが、先に説明した筋肉の合成を妨げる効果のほか、あらゆる体中の分子にくっついては機能を台無しにします。だから体中あらゆるところで問題が起きる毒物です。実際アセトアルデヒドによる症状の多くが、二日酔いの症状と一致します。

でも二日酔いの一番ひどいときにアセトアルデヒドの濃度を測ると、数値は低いことが知られています。それに数値の変化と二日酔いの重さにも相関がありません。だから関係ない可能性が高いと言われています。

ただ、アセトアルデヒドは蒸発しやすいので、測る時点では適切に測定できないという根本的な問題も残されています。だから可能性が無いとも言えないんです。

メタノール

メタノールは致死性の毒です。酒の中にも少量ですが入っています。エタノールと同じで、体の中で代謝されるのですが、メタノールの場合はアセトアルデヒドではなくホルムアルデヒドになります。コイツもまた有毒で、これができるとひどい不快感を伴います。

これに関しても、ごく少量に過ぎないし、アセトアルデヒド中毒と同じ結果になる可能性が高いと言われています。

でもいわゆる「迎え酒」が有効であることの理由にはなります。エタノールがあると、メタノールの分解が阻害されます。だから、酒を飲んで気持ちよくなり、おしっこをしているうちにメタノールが排出されてしまえば、二日酔いの状態を脱することができるはずです。もちろん、最後に飲んだ酒に含まれるメタノールが代謝されると二日酔いになるので、先延ばしにしているだけですが・・・

炎症反応

今現在これが一番有力とされています。

二日酔いになると、免疫システムの伝達シグナルにつかわれるサイトカインというホルモンが増えるんです。過去に韓国の研究チームが行った調査では、二日酔いの被験者はインターロイキン-10、12、インターフェロンγというサイトカインの一種の値が上昇していることを発見しました。これをもし人に投与すると、二日酔いによく似た吐き気、胃腸障害、頭痛、倦怠感などの症状が出ると言います。

つまり、二日酔いとは、感染症にかかった時と同じ反応をしているかもしれないんです。咳と熱がでないインフルエンザといったところでしょうか。さらにサイトカインが正常値を上回ると記憶が混乱したり、欠落すると言います。そういう点でも可能性は高いかもしれません。

また、サイトカインによる炎症反応をおさえる作用がある食品として有名なのが、ウコンです。二日酔いに良いことでも有名ですよね。これ、信ぴょう性がある気がしてきませんか?

筋トレした日は二日酔いになりにくい本当の理由

これは私の完全な予想なので、真に受けないでほしいんですが、二日酔いの原因がサイトカインが増えたことによる炎症反応だとして考えると、筋トレをすることによってサイトカインが出にくくできるということなんじゃないでしょうか?

サイトカインはホルモンです。要するにタンパク質の一種です。

筋トレによって筋繊維がダメージを受けると、サイトカインを作ることよりも、筋繊維の修復を優先しようとするのかもしれません。

もしくは、筋繊維の修復のためにアミノ酸を既に大量に消費してしまっているので、単純にサイトカインを作ろうとするときに材料不足を起こしてしまうのかもしれません。

あくまで私の予想ですよ?

でもこの考えにしても、Tokyo仙人ジムの黒羽根さんの仮説にしても、言えることはただ一つ・・・少なくとも酒を飲むなら筋トレした方が二日酔いになりにくい・・・ということです。

筋トレをしたからには飲まない方が良いですが、どうせ飲むなら筋トレをしておいた方が気持ちよく飲めます。

まとめ

長々と素人考えを展開しましたが、どうでしょうか?

理由はなんにせよ、筋トレをすることで二日酔いを防止することができるかもしれません。筋肉のためには酒は飲むべきではありませんが、お酒のためには筋トレをするべきという理由が出来ました。

今日もおいしくお酒を飲むために、筋トレをしましょう!

ストレスを感じると、筋肉を分解するホルモンが出ると言われています。嫌な思いをして筋肉を分解するより、いい思いをして筋肉を分解した方が、精神衛生上健康になれる気がします。

今回は本当に根拠もなく予想を書きました。間違いも多いでしょうが、ぜひ感想聞かせてください。